Audio-gd NFB-6 , Master9 , NFB-1 , DI-2014 , Master7 注文代行

Audio-gdの注文代行をご利用いただいたお客様から画像とコメントをいただきました。

更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした!すばらしいコメントをありがとうございます。

スピーカーは別のページにいたしました。

 

こちらがお客様からいただいた画像とコメントです。

 


でかくて重い箱(写真1)
開封すると一緒に依頼したバランスケーブルと付属品がこんにちわ(写真2)
発泡スチロールで厳重に包まれているのでそこから出して、大きいタイプのものは

謎の油っぽいもので表面を保護しているようです?ので天板をふきふきします。(写真3)
そしてラックの下段に設置。重いので一仕事です。(写真4)

 

 

・audio-gd NFB-6(HPA/PRE)
写真もなくすでに売却済みですが、こちらがGUTER PREISさんとの最初のお取引でした。

5万くらいだった気がします。今は中国サイトのみの取り扱いのようです。
この頃は国内のHPA、海外のHPAどちらも10万クラスの単体と20万クラスの複合機で遊んでいました。
ちょっと飽きてきたのでなにかチャレンジしようと思いaudio-gd購入を目論んだのですが、

英語!?paypalなんて知らん!ということで注文代行を探したところこのGUTER PREISさんのサイトに

たどり着きました。侮っていましたがHPA、PREとしてもお値段以上の実力で正直驚きました。

リモコン操作できるアンプというのも新鮮です。audio-gdにハマるきっかけになったものでした。

 


・audio-gd Master9(HPA/PRE)
NFB-6を使用してしばらくするとMaster9発売とのことで

本気のAudio-gdの音がどうしても聞きたくて即購入しました。重いです。でかいです。
audio-gdは高コストパフォーマンスが魅力ですが、このクラスのものも素晴らしいです。

HPAとしても素晴らしいですがPREとしてもかなりのもので、

STAX SRM-727Aをボリュームパス設定にした上で接続しSR-009を鳴らしています。
極一部の国産ハイエンドHPAほど突き抜けたものはありませんが非常にバランスが良いうえに

使い勝手もとても良くお勧めです。今はHifimanのヘッドホンHE-6対応高ゲインバージョンもありますが

ノーマルモデルでも問題なく十分に鳴らせました。

 


・audio-gd NFB-1(2015)(USB-DAC)
アンプがいいのは分かったので、じゃあDACは?ということで購入しました。

他にもES9018のDACを既に使用していたので正直それほど期待していなかったのですが、

こちらも驚きのコストパフォーマンス。音の分離や鮮明さが良いのがES9018と思っていましたが、

NFB-1はそれに加えて厚みやキレなんかも良く音楽的でした。

audio-gd製のDAC、アンプが揃ったのでACSS接続をトライしましたがこの時GUTER PREISさんを

経由してKingwaさんに技術的な問い合わせなどしていただき、大変助かりました。

ACSS接続、良いですよ。

 


・audio-gd DI-2014(USB-DDC/USB convertor)
メインのDACは少々古くUSB接続がありません。そこでDI-2014を購入し、NFB-1とはI2S接続し、

同軸はメインDACに、と同時にDAC2台に接続しています。

この時もGUTER PREISさんを通じていくつか質問しKingwaさんからアドバイスをもらいました。
複数のDACを同時に使えるようになったためMaster9でのDAC比較が楽しいです。

 


・audio-gd Master7(USB-DAC、Amanero version)
今回購入したものです。
滅びつつあるマルチビットDACが欲しくて、円高・割引セール中を狙って購入しました。

NOS7とどう違うのかとGUTERPREISさんを通してKingwaさんに問い合わせ、

Non-oversampling(NOS)ならNOS7とのことでしたが音の傾向などでM7を選びました。

今回は発注から発送まで約2週間、発送から到着まで4日ほどでした。
非常に重い上に大きいです。ジャンパーのセッティングで音質を調整できるため何度か天板を

開ける機会があります。その音質はHead-Fiなどの海外サイトで評判になる理由がよく分かるほどです。
海外サイトのレビューは褒めすぎじゃないの?と疑っていましたが、実際に1週間使用したところ

十分納得できました。コストパフォーマンスを求めるならNFB-1DACかNFB-7のようなES9018のDACを

お勧めしますが、そうでないならMaster7をお勧めします。



★audio-gd注文代行の流れについて

詳しくはお問い合わせください、と書いてありますが実際にはこんな流れになると思います。

1.気になるaudio-gdの商品をaudio-gdのHPから選んでGUTERPREISさんの「お問い合わせ」から

「○○の見積もりお願いします」とメールをします。支払い方法の希望や、機器のオプション、

運送便(EMS)、電源(普通は100V)など変更があればこのときに。

商品代金の目安は本体とともに運送代を念頭に入れてください。大きいものの運送代は100$近いです。

使い方や用途で迷っていたらこの段階で相談すると良いと思います。

すると
2.「問い合わせます」と返事が来て、しばらくすると見積もりのメールが来ます。

①.GUTERPREISさんを通さずに自分で問い合わせ、paypal支払いした場合の見積もり
②発注を代行、支払いをGUTERPREISさんにする場合の見積もり
を詳細に説明していただけます。

ここでは現在の為替相場などから算出される、paypal手数料やカード決済時の為替手数料など

細かい計算を教えてくれます。

比べるとGUTERPREISさんの代行手数料がわかりますが、M7クラスのものでもたかだか知れていました。
それよりも為替変動による見積もり期限がありますので、あまり日を置かずに返事をしないと

無効になるようです。為替の変動は恐ろしいです。

今回はもうちょっとで血を吐くGUTERPREISさんを見ることが出来ましたのに、惜しい(^^)

3.決定であれば支払い
振り込みやカード決済となります。paypalやstripe決済も可能だと思いますが、

ケースバイケースですので聞いてみてください。為替相場変動による振り込み期限があると思います。

4.商品到着を待つ
DI-2014やNFB-1は割と早く出荷してくれましたがMaster系は2~3週間かかるかもしれません。

私のMaster9の場合は注文が殺到していたようで一ヶ月以上掛かっていました。
発送されるとGUTERPREISさんからEMSなどの送り状番号の連絡が来ます。
EMSの場合、荷物が日本国内の郵便支店に渡った時点で郵便局のHPから到着日時の変更ができます。

audio-gdのHP、shipmentには品物と発送先国名と名前が記載されますので

珍しい機種を慌ててレビューすると名前がばれます。

5.商品到着後に
もし何かあったときのために箱は保存してください。欠品はないか、

audio-gdホームページの製品ページ、

ユーザーマニュアルを確認しながら正常に動作するか確認してください。
到着した商品について何か疑問に思うことや技術的なことがもしあったらGUTERPREISさんを通して

audio-gd代表Kingwaさんに問い合わせることもできます。

GUTERPREISさんで答えられることもあるかと思います。
audio-gdのHPは情報がやや不足していたり言葉足らずのところもありますが、

検品はしっかりしているため私は今まで一度もトラブルはありません。
驚きのコストパフォーマンスをGUTERPREISさんの力を借りて体験してみてください。